11月の試聴会の様子と次回予定

11月度の定例試聴会を11/9(土)に開催いたしました。今回はまずセンター試聴コーナーでは当店オリジナルのプリメインアンプ(6Y6シングル)を中心に聴いていただきました。ソースには写真のクラシックのオムニバスから数曲、お客様ご持参のマルウォルドン、エディフィギンスのジャズピアノ・女性ボーカルなどを聴きました。6Y6アンプは出力こそ小さいですが電源トランス、チョークコイル、回路構成など本格派で清廉で豊かな響きで鳴ってくれます。大音量でのスケール感はでませんが中音量でのオーケストラ、ピアノの響きや音色も豊に響きます。スピーカーは能率の良いものとの組合せが良く、一般ご家庭で能率の良いスピーカーと組み合わせるとしっくりきます(商品一覧には掲載していませんがご興味ある方はお問合せください)。当店の例ではアルテックの銀箱、テレフンケンやSABAのフルレンジとの組み合わせが良かったです。一方、能率の点で不利なJBL2Wayなどでは音質、音量とも本領発揮できません。最近の小型ボックスや縦型で2,3Wayで低能率のスピーカーとは相性悪いでしょう。この点は小出力の真空管アンプとスピーカーとの相性を考える上で留意点です。プリアンプ(MC-7R)を加えますとゲインがあがり音量、音質も向上しました。プリアンプは微細な信号を扱い、音楽の最終的なニュアンスを決定づけますので、ご自身の趣向とシステムとを吟味して納得いくものを選定されるのが賢明です。CDプレイヤーには常設のASC-1420CDを使用していますが、アナログ出力には真空管とオペアンプの2系統あり音の違いが楽しめます。後日判明しましたが今回は接続で左右を間違い本領発揮していなかったことをお詫び申し上げます。次回は完璧な状態で臨みます。(以下に続きます)

 

後半はメイン試聴室で聴いていただきました。今回はシステム的には変更点はありませんが、お客様のアドバイスもありホーンの角度をやや外振りに修正しています。僅かな修正ですがやや音の広がり、立体感が増したようにも思います。スピーカーのセッティングは重要ですのでいろいろと試してみる価値大有りです。プリアンプは前回も好評でしたオリジナル機(仮称ART-PRE WAVE1、6J5ドライブ27, WEチョーク、整流管3B24×2本構成)が続投。ソースには前述のものに加え、お客様ご持参の高橋悠治のサティのピアノ曲集、矢沢栄吉の最新版、その他はクライバー指揮ベートーベン7番、ジャズではアートブレイキーとジャズメッセンジャーズの危険な関係のブルース、スティングのボーカル、YESのTALKなどから聴きました。どのジャンルでもその音楽の良さや意図が色濃く(音色濃く?)再現され皆様にも大変好評でした。いつもですがセンター試聴コーナーでも良いと思われてもメイン試聴室では奥行き感など音の広がり、響きが変わり微細な変化もダイナミックに再生されるので音楽として聴いている部分が自然に移り違った音楽の様に聴こえます。これが音楽の深い所で、YESの様な電子楽器が主体であっても音色の変化やエコーの懸け方、残響音の処理、音の重ね方などの機微が再現されます。アコースティック音源ならなおさらです。お客様ご持参の音源もここで聴くと印象が変わるので驚かれます。冗談半分と思いますが「これは自宅では無理だから時々ここに聴きにくれば良いや」と言われます。試聴室は真空管アンプでの音楽の楽しみの一部を伝える目的ですので、ご自身の音楽を楽しむ感性と情熱、審美眼(審音耳?)でご満足がいくシステムをご自宅で構築されることが一番だと思います。それぞれに心地よいと感じる音楽は違いますしご自宅の環境によっても変わります。大切な音楽鑑賞のご趣味をカタログや雑誌の評論家のコメントを頼りに集めていたのでは収拾つかず音楽の森に迷いこんでしまうかもしれません。ご自身の感性を大切に。試聴中の写真を撮り忘れましたので、そして誰もいなくなった祭りの後の状態の写真ですが掲載しておきます。

次回は本年最後になりますが12月14日(土)13:00~15:30の予定で、YARLANDの845/211シングルのコンパチアンプなどを聴いて頂く予定です。皆様のお越しをおまちしております。

10月の試聴会の様子と次回予定

10/12(土)に10月度の試聴会を開催しました。今回はメイン試聴室で新オリジナルプリアンプの試作機(仮称ART-PRE WAVE)を中心に試聴していただきました。本プリアンプは6J5ドライブ27, WEグリッドチョーク、WEプレートチョーク、高圧用半波整流管3B24を2本使用しバランス入力2系統など本格派で、切れ味良く芳醇な音色と響きが特徴です。トリタン球特有にまばゆいフィラメントの如く、音色も華やかに整い、音も前に出てきて立体感も良くでます。ソースにはお客様ご持参のハイディング指揮の火の鳥では重厚かつインパクトのある演奏、フルトベングラー指揮の第九、運命では古い録音(後者はモノラル)ながら重厚で鬼気迫る情熱的な演奏が堪能できました。ポップスでは米倉利紀、MAYAのボーカルが眼前に展開され、アコースティックギターの定番のクラプトンのアンプラグドではギターの弦を弾く感覚が生々しく聴けました。ピアノではキースジャレットのケルンコンサートの冒頭5分位を聴きましたが、定評ある名録音とはいえ美しく崇高なまでに研ぎ澄まされた響き、一転して山下達郎のポケットミュージックでは種々の音が見事に調和した音楽と録音の冴えを十分に楽しめました。リピーターの方からも以前より音の反応が速くライブ感があると大変好評でした。CDやデジタル音源全盛の現在はプリアンプ無しでもそれなりに良い音はでますが、良いプリアンプを介しますと音の纏まり、揃い方、勢いと言った部分がより音楽的な響きになります。以前にも書きましたが極端な言い方をすればプリの無い場合はオーケストラなら指揮者のいない全体自主練習、プリを介す場合は指揮者がいる本番演奏といった感じでしょうか。ただ本機は発熱大のため冷却ファンを内臓しており風速は2段階に切替可能ですが近くですとシャーという音がします。気になるようでしたら前面を板などで簡単に遮へいすればかなり改善されます。本機は試作機ですが好評でしたので商品化を予定しています。ご期待ください。(下に続く)

後半は予定していましたSACDとCDの聴き比べもしながら進めました。SACDは音が良いというのでお客様も持参されることがあります。今回はSACD/CDのハイブリッド版で同じ録音を両者で聴き比べましたが、プレイヤーはメイン試聴室ではオンキョーC-S5VL、センター試聴機オーナーではパイオニアDV-S74Aという普及機を使用しました。センター試聴室ではプリアンプにはミンダのMC-7R(ただし整流管はエレクトロハーモニックス5U4Gに交換)、パワーアンプにはミンダASC-1215KT(KT120)を使用。ソースにはカルロス=クライバー指揮ブラームス4番のライブ録音盤、浪速ジャズと言われるAYADO CHIEなどを聴きました。SACDでは全体的に滑らかになり、低域から高域まで帯域が伸びて聴きやすい印象になりますがやや作為的にも感じます。一方のCDでは力強さや音楽の一体感、塊感や自然なニュアンスは感じられます。SACDでもCDでも録音現場やミキシングなどの後処理に人為的な操作が入りますし、今回使用した機器も限られた条件になりますがSACDの方がオーディオ的に良く聴こえるように工夫されていますが、CD音源でも再生機器を吟味すれば十分楽しめるという都合の良い(笑)結論にここではしておきます。最後にはカルロス=サンタナの「サルバトールにブルースを」のワウワウペダルを駆使したカデンツア的な入魂の演奏を聴いてサラバとなりました(笑)。次回試聴会は今週末11/9(土)13:00-ですので皆様のお越しをお待ちしております。

9月の試聴会の様子と次回予定

9/14(土)に月例試聴会を開催しました。今回はブログアップが遅くなりすみません。いつものようにまずセンター試聴室から始めました。今回はパワーアンプにMingDaのASC-1215KT(KT120付)、プリには①MingDaのMC-7R、常設のオリジナルの②WE717Aアンプと③プリ無しの3通りで比較試聴しました。SPはタンノイEATONとしてソフトにはジャシンタ、ジェームス・テイラー、お客様ご持参の「すばらしいいコントラバスの世界」、山下達郎のアカペラ多重録音盤などを聴きました。まず③プリ無しでCDPから上記パワーアンプに直結し(注:本機はボリューム付で音量調整できます)聴きました。これだけ聞けば十分に良い音で鳴ってくれます。KT120はシングルですがパワーもあり本SPでは音量も十分です。次に①プリを介しますと俄然音の張りが出てきます。開梱したばかりで慣らし運転ですが全体に音場が広がり雄大さが加わりややまろやかになりました(注:数日後にはさらに良くなり、その後いらした参加されたお客様も確かに良くなったとコメントいただきました。プリは非常に微細な信号を扱いますので、電源や配線の取り回しなど少しのことが音の変化になって現れます)。さて最後に②プリを介して聴きました。さすがWE717A球を使っていますので小型ながら音に芯が出て全体に引き締まった豊かな響きになります。皆様にもその差異とプリの効果を再認識して頂けたと思います。当店の商品を含め真空管パワーアンプではCD直結でも良い音ですが、本来はインピーダンスマッチングの観点からもプリを介しますと全体に音がまとまり、小型・中型SPでは低域も締まって出てきます。以前にも書きましたがオーケストラで言えば指揮者のいない全員練習と、指揮者がいる本番演奏の違いといった感じでしょうか?真空管アンプをお持ちでさらなるステップアップを検討するならプリ導入が有効です。真空管グレードアップの効果も大きいです(ジャンプアップになるかも)。

今回はお客様ご持参の小型SP(マークオーディオ8cmフルレンジ)でも鳴らしまた(写真の白木のSP)。バスレフとバックロードの良いとこ取りの工夫をして自作されたとのことで、全域フラットな印象で小口径ながら低域の音量も十分に出ていてコントラバスも良く再現されボーカルも良かったです。ボーカルが良いと一般に長時間聴いても自然で聴き疲れがなくバランスが良い様です。

次にメイン試聴室で聴いていただきました。SPシステムはホーン(JBL375ドライバー+2397ホーン)とウーファー(JBL4560エンクロージャー+ALTEC515Bウーファー)の2Wayでクラシック、ボーカル、ジャズ、ロックなどジャンルをわず聴きやすく、かつ迫力ある音を標榜しています。立体感、奥行き感ある音楽に聴き入っていただきました。やはり大型SPと真空管アンプならではで演奏者のニュアンスや熱気まで感じられ音楽が何倍も楽しめます。

次回は台風接近により一週間延期し10/19(土)13:00~15:45に開催します。新オリジナルプリ(6J5ドライブ27, WEグリッドチョーク、プレートチョーク、高圧用半波整流管3B24を2本使用など本格的な構成)で切れ味良く芳醇な音色と響きをお楽しみいただく予定です(最後の写真ご参照)。またご要望によりSACDでの試聴も予定しています。

今週末ですが皆様のお越しをお待ちしております。

8月の試聴会の様子と次回予定

本日(8/10)、8月の定例試聴会を開催しました。猛暑の中、お越しいただいた方々、ありがとうございました。

今回もまずはセンター試聴コーナーから始めました。今回からCDPを従来のマランツのCDP630からコンサートマスターのASC-1420CDに変更しています。マランツも元祖フィリップスのピックアップを採用したプロ用録再機能付り定評のあるものですがASC-1420CDの方が芯のある素直で純朴な音になりました。CDPは極力色付けの少ないものがシステムとして纏まります。リピーターの方からも低域も安定してずっと聴きやすくなったと好評でした。

試聴ソースにはお客様持参のものを中心に、女性ボーカルではシャーディーのLove Delux からNo Ordinary Loveなど、ジャズではアートブレイキーとジャズメッセンジャーズのMornin, 自然賛美的なピアノのジョージ ウィンストンのAutumn、ジャズピアノではキースジャレットのThe Melody at night with you、スティーブキューントリオのLove Walked Inから数曲、男性ボーカルではハリーベラフォンテのダニーボーイを聴きました。

アンプは①Ming-DaのASC-902B(KT90シングルアンプ)、②同ASC-300BTC(300Bシングルトランス結合アンプ)、③YARLANDのTJ84-P(EL84プッシュプルアンプ)、④Concert MasterのMC-13S(6CA7プッシュプルアンプ)の4機種、スピーカーはテレフンケンの2Way(店頭販売中)とJBL4408Aの2機種を中心に聴きました。全ての組合せは時間の都合でできませんが、それでも①はKT90の特徴の太くて力強くかつ艶のある音の傾向、②は3極管300B特有の優美さと奥深さ繊細さが味わえ、③は小型ながら清楚で纏まりの良い音、④はプッシュプルらしいハイパワーかつ中域の艶と弦楽器の美しさが印象的という傾向は皆さん感じ取っていただけたと思います。スピーカーについてはテレフンケン2Wayはスピード感、応答の良さと繊細さを持ち、JBL4408Aはモニター機らしいカッチリとした手堅く元気の良い音で、それぞれの特徴が良く発揮されています。

皆さん色々なジャンルの音楽がお好きとのことですが、組合せによって再生される音楽の印象はかなり変わります。是非ご趣味にあった音の傾向、組合せを発見していただきたいと思います。近所への買い物に高価なスーパーカーは不要ですが、楽しいドライブに最適な車を見つける様なイメージでしょうか。カタログの文面やオーディオ評論家の記事を参考にして予算の範囲で高価な機種を揃えていってもご自身の求める音、満足いく音には到達しにくいでしょう。オーディオ機器はスペックや価格よりご自身の感性が大切です。趣味性の高いものですからその探求プロセスも楽しみながらアプローチするのが一番だと思います。

(下に続きがあります)

 

後半はいつもの様に奥のメイン試聴室に移動して聴いていただきました。センターとの違いは音楽のスケールが実物大に感じられることです。これは単に音量という意味ではなく、各楽器の音色、強弱、余韻、声の息遣いやハーモニーなど音楽性に関わる要素の全てに関係している違いです。これらがバランス良く再生できていればあまり音楽のジャンルを問わず楽しめます。

ソースには前述のアートブレイキーのMorninの比較試聴を皮切りに始めました。同じソースでも細かい部分や陰影が表現されるため違った音楽に聴こえてきます。続いてお客様ご持参のホロビッツ晩年のLive In Moscowから才気と技術が見事に調和した円熟の演奏、昭和のジャズから雪村いずみ・広田美枝子・美空ひばりの懐かしくも凛々しい歌声などを聴きました。ただ再生能力が高まると当時の録音技術の限界も露呈しますがそれは仕方のないことです。音源を100%楽しめていると考えましょう。お客様のソースが一段落したので当方の独断でハードロックでレッドゼッペリンのGood times Bad timesのワイルドでエッジの立った迫力ある演奏とボーカル、フュージョン系ではデビィットサンボーンのInsideからうねるエレキベースとサックスの絡み、キースジャレットのケルンコンサートのホールトーンが美しい冒頭部分、クラシックではオーケストラ版の展覧会の絵の管楽器と弦楽器が織り重なる冒頭部分、ビバルティの四季の春の小鳥のさえずりを思わせる明るい冒頭部分、そして最後はクリスボッティの傑作アルバムLive in Boston からTime to say Goodbyで終演としましたが、期せずしてお客様から拍手が起こりました。初めて参加されたお客様からは「真空管アンプは良く知らなかったのでもっと小型で骨董品、アンティックの様なノスタルジックなものかと考えていたが実際は全く違い、トランジスターアンプとも違い迫力ある良い音で感動した、良い体験をした」と嬉しい感想をいただきました。真空管オーディオの世界にようこそ!

次回は9月14日(土)13:00~15:30の予定ですので皆様お誘い合わせの上ご参加ください。

7月の試聴会と次回予定

7月13日に定期試聴会を開催しました。今回はまずセンターで当店の旧ドイツ製、英国製、米国勢スピーカーとアンプにはASC-902B(KT-90シングルアンプ)、ASC-300BTC(300Bトランス結合アンプ)を組合せて聴いていただきました。ソースには今回はお客様持参のもので五木ひろしBEST SELECTIONから人間味あふれる歌謡曲、ヨーヨーマ Plays Japanから麗しい音色のチェロで日本の調べ、JIMSAKUでは日本のヒュージョンらしいシンプルでシャキッとした演奏、その他、小林靖浩のアコーディオン、木村好夫のレキントギターなどを聴きました。いつも店主の独断の曲ですが、今回は日本色が全面に出て皆さんも聴き慣れたメロディ、歌声、演奏で種々の音色の違いを楽しんでいただけました。センターのシステムは中規模ですが、音楽性は豊かで真空管アンプの特徴の中域の厚みや温かさが実感して頂けたと思います。さらに写真の白木の中型スピーカーはお客様が自作されて持ち込まれたものですが、後面が2面開放で6角柱形状のしっかしりた構造で、中域の厚みと張りがあり充実感のある音でした。最初はユニットは秘密とのことでしたが、ネットを開けて種明かしされるとわずか7cmのフォスターのシングルコーンでびっくり。それではと当店で似た音色の傾向のタンノイのEATONと聴き比べました。こちらは同軸2Wayで物量も違いますので弦の艶や低域のリアルさなどはさすがタンノイに貫録がありますが、それに肉薄した良い勝負であったと思います(冷や汗)。

次にメイン試聴室で聴きました。今回はシステム的には前回と同じで以下の構成です。再生~プリアンプまでは電源装置(オリジナルART-Power S)~CDP(MingDa 500CD)~DAC(Concert Master DAC-K9)~プリアンプ(オリジナルART-PRE S)。以降は電源装置(オリジナルART-Power)×2~チャンデバ(Belinger×2)~パワーアンプ(ASC-845Jfor Woofer、オリジナル6550for Horn)という構成です。WooferはALTEC515C、BOXがJBL4560、Horn Driver(375)。こちらは音色の他、定位、余韻、奥行き感が加わりますので音楽もより深い所まで楽しめます。

ソースにはお客様持参のSteve Kuhn Trioのジャズピアノトリオ、モノラルソースでフルベングラー指揮のベートーベンの田園、久石譲のMelody Blvd. 女性ボーカルのオムニバス、辻井伸行のピアノでチャイコフスキーピアノコンチェルト等を聴きました。いずれも奥行きや録音の環境、演奏者の熱気、ボーカルの繊細な息遣いなどがはっきりと再生されるため血の通った音楽をダイナミックに楽しめる違いがあります。田園はモノラルソースで古いアナログ録音で帯域やダイナミックレンジは狭いはずですが臨場感や演奏の気迫が感じられました。女性ボーカルもそれぞれのシンガーの特徴が良くでてきます。ピアノコンチェルトではピアノとオーケストラとが混濁せずバランス良く正に「協奏曲」として楽しめます。再生能力が向上しますとソースも軽音楽的なものより重厚なもの、丁寧に録音されたものに差が出てきます。それでもお好きな音楽ソースを同じ時間かけて楽しむなら、やはりより美味しく味わって聴くのが良いですよね。上記のシステムはお客様のコメントも活かして種々工夫して現在に至っていますが、音楽再生の趣味を皆様と楽しみながらお手伝いできると良いなと思います。最後にはディズニー映画のポカホンタスのサントラ版から「愛のテーマ(If I never knew you)」を映画のエンドロールの様に聴いて頂いてお開きとなりました。

次回はお盆休みにかかりますが、8/10(土)13:00~15:30ですので皆様のお越しをお待ちしております。

 

6月の試聴会と次回予定

6月15日に毎月第二土曜日定例の試聴会を開催しました。センター試聴コーナーでは、アンプに当店での中堅機種のKT90シングルアンプのASC-B902, それとKT120シングルアンプのASC-1215KTで聴いていただきました。前者は従来から定評あるミンダの中核機種のMC368-B902 の後継機で中央のVUメーターが無くなりすっきしたデザインになりました。VUメーターはあった方が良いという方もいらっしゃいますが有効活用されている方は稀でしょうからデザインの一部でしょうか(笑)。なので両者のデザインは似ていますが両者の出力管の形が当然違います(笑2)。音の傾向は前者はKT90の力強さと艶が絶妙にバランスした塊感のある音が特徴です。何でもこなしますが特にジャズ、ボーカルなどが得意分野です。後者はKT120でKT90の高出力、高性能版でシングルとしては非常に大きな出力(25W×2)が特徴です。音の厚みが増して全体の迫力とバランスに優れていて、ジャズ、ロック、オーケストラも良いです。KT120は高出力管で発熱量も多く本アンプではそのポテンシャルをフルに引き出しており、それが音にも表れています。

ソースには写真にありますものを中心にお聴きいただきました。参加者が持参されたものも含まれております。女性ボーカルでは日本の至宝といわれる①伊藤君子のA Natural Woman、続いて②スウェーデン代表Monika ZのVARSAMT、当店定番のトランペットの③Chris BottiのSlowing down the world, サックスの④Derrick JamesのThink positiveなどを聴きました。①はジャズやポップスのスタンダードナンバーをストリングスを含めたアレンジのアルバムですが、洋楽でありながら日本風になるのは独特のビブラートがどこか演歌にも通ずるからでしょうか。美しい歌声のなかに日本人独特のしっとりした味が聴き取れます。②はアンニュイな雰囲気と現代的なアレンジで独特な不思議な雰囲気が楽しめました。③はいつも試聴会で聴いているIn Bostonとは違い優しくメロウな雰囲気。4曲目はステイングのボーカルが聴けますがいつものストイックなイメージではなく珍しく明るく前向きな雰囲気(笑)が楽しめます。④はヒュージョン色が強いですが達者な演奏で小気味よく響きます。スピーカー個々の特徴もありますが文字で説明は難しいので聴きにきてください。当時のヨーロッパの高級ステレオコンソールに使われていたユニットを使い、小型の後面開放や密閉箱に入れ現代に蘇った(やや大げさ)音は、現代の最新のものと聴き比べても味わいあるものです。お客様からも奥のメインシステムと聴き比べても迫力、実物大の再生という点を除けば、音楽としての満足度は十分得られると好評でした。

 

いつものように後半は奥のメイン試聴室に移りました。今回はCDプレイヤーを従来のヤーキンのコンサートマスターASC-1420CDからミンダの高級CDプレイヤーMC-500CDに替えて聴いて頂きました。元祖フィリップスのピックアップ回路やアップサンプリング機能によるリアルで鮮烈な音です。本機もトップローディング方式は同じです。CD出し入れは一般的なディスクトレイのフロントローディングが便利ですが、ご承知のとおりトレイのメカの故障は意外と多いですし、フラフラしているトレイが精緻な読取をしているCDの傍にあるというのが気になりませんか?その点、トップローディングは出し入れの手間はかかりますが確実でスライドメカがなく、アナログレコードの針や裏返しの儀式(笑)よりは簡単です。肝心の音ですが、従来のASC-1420CDも当システムの定番で使用してきたストレートで化粧っけのない素直な音でしたから大差ないのではと思いましたが、その差は歴然です。もちろん変な脚色や派手さ、人工的な音作りは感じられませんが、全ての音が鮮明になり解像度がアップします。決して誇張なく音楽の肝心な部分がきちんと出てきます。アップサンプリング回路でデジタルノイズを可聴範囲の上に追いやり、デジタルノイズが激減している効果もあるのでしょう。筐体も重量のあるしっかりした構造です(当面は店頭販売のみになりますが、気になる方はご連絡ください)。ソースには上述のものに加え、写真のものを聴きました。お客様ご持参の岩崎宏美の「Dear friends Ⅳ さだまさしトリビュート」ではご本人からこれまで聴いた感じとまるで違うと驚かれました(もちろん良い意味で)。日本人女性特有のしとやかさ、清廉さが伝わってきます。ピアノの音も打楽器としての強さと響きが冴えます。当試聴会の定番のクリスボッティのIn Bostonのイントロから最初のAve Mariaでは演奏前の観客のざわめきから人数や会場の大きさ、響きが伝わり、ボッティの登場での拍手、歓声、それから奏でられるトランペット、弦楽の厚い響きなど感動的です。最後はクラシックもとのリクエストにお応えしカラヤン指揮、ムソルグスキー作曲、ラベル編曲の展覧会の絵を聴いていただきました。冒頭の金管のテーマの入りと続く弦楽の響きが絶妙の調和し、煌びやかなフルオーケストラの響きで締めくくりお開きとなりました。リビーターの方々からも格段に良くなっているとのコメントを頂き嬉しく思います。だんだん伸び代が減ってきますがが、さらに上を目指して頑張ります。

次回は7月13日土曜日13:00からです。是非お誘い合わせの上、聴きにきてください。

5月の試聴会と次回予定

5/11に5月度の試聴会を開催しました。センター試聴室では写真の1950年代のテレフンケン、SABA、RFT等の20cmクラスの丸型、楕円型のドイツ製ユニットを使用し密閉箱、後面開放箱などのバリエーションで聴き比べ可能としています。これらのユニットは当時も密閉型と後面開放型がありましたが、アルニコ等の強力な磁石と軽量コーンの組合せで当時も真空管アンプで鳴らしていただけあって真空管アンプとの相性は抜群です。自然でリラックスした音色で長時間聴いても疲れず、楽しい音楽となります。アンプにはヤーランドのTJ211/845-S2(211付)を中心に、下記のジャズギター、ピアノ・ベース・ギターのトリオ、女性ボーカル集、ジェームス・テイラーなどを聴きました。上記スピーカーですとボーカルや小編成のクラシックの再生が特に自然です。オーケストラは生楽器ですので迫力こそ出ませんが楽器の音色や全体の雰囲気は十分に楽しめます。ただしバスドラムやロックなどを楽しむのはやや無理がありますね。1950年当時はエレキギターで歪ませてバリバリ弾くような音楽は稀(or無し?)でしたから無理もありませんが。その分、家庭で小音量から中音量程度で聴くには音痩せせずに豊かな音楽が楽しめます。スピーカーの密閉型と開放型は部屋の環境やユニットにもよりますが密閉型はやや教科書的で開放型の方が面白い音の傾向のようです。

アルテック銀箱と最下段のアルテック30cmフルレンジ(箱はダイヤトーン)の米国勢は明瞭で元気が良く大音量でも音が崩れないのとは好対照ではあります。なお上記旧ドイツ製ユニットのスピーカーは数量が限られるため現在は店頭販売のみとしています。

メイン試聴室では常設のシステムで聴いていただきました。ソースにはチャイコフスキー、ラフマニノフのピアノコンチェルト、チックコリアのソロピアノ、ロックではELPのベストアルバムなどを聴いていただきました。こちらはフルオーケストラやジャズ、ロック、ボーカルなどどんなジャンルでも実際の音量にも近く、リアルな音楽が楽しめます。ピアノコンチェルトはオーケストラとピアノの絶妙なバランスが魅力ですし、チックコリアのピアノはややきつい音になりがちですが、力強さと優さが両立した素晴らしい演奏が再現されます。ELPのベスト盤はK2処理によりオリジナルCDより鮮明に再生され鬼気迫る演奏が楽しめます。比較的大きな音を出していても普通に会話ができると参加者の方からコメントがありました。大音量でも音のバランスが崩れず自然だからだと思います。一般には1システムで様々なジャンルの音楽を満足できるようにするのは難しいとされていますが、電源装置から始まり音の入口から出口まで癖のない装置構成を考慮しています。一度是非聴きにいらしてみてください。

次回6月は都合により第3土曜日の6/15の13時からの予定です。ミンダの高級CDプレイヤーMC-500CDで聴いて頂く予定です。元祖フィリップスのピックアップ回路やアップサンプリング機能によるリアルで鮮烈な音です。ご期待ください。

 

新天皇・皇后両陛下ご即位記念

平成から令和へ新時代の幕開けとなりました。新天皇・皇后両陛下のご即位を記念しまして、ささやかながら5/1~5/18の期間限定で全商品を現在表示価格から15%割引きとさせていただきます。是非この機会をご利用ください。

商品は数量に限りがありますので、在庫切れとなった機種はその時点で割引終了といたします。

4月の試聴会の様子と次回予定

4月13日に試聴会を開催しました。まずセンター試聴コーナーでは予告どおりヤーランドの TJ845/211-S2i(Limited)で845と211のコンパチ機ですが今回は211を装着して聴いていただきました。

スピーカーには1950年代の東独製ユニットを国産ボックスに入れ現代に蘇らせた(やや大げさ)Telefunken/Imperialフルレンジ26×18cmd楕円ユニット、SABAグリーンコーンフルレンジ24×18cm楕円ユニットで聴きました。(店頭販売中)

本アンプは211の濃密かつ繊細な音色が特徴なほか、左右独立電源や前パネルは天然木、上側面はピアノブラック仕上げがヨーロッパのスピーカーに音も佇まいも良く合います。ソースにはダイアナクラールのピアノ・ボーカルのアルバムからジェントルレインなど数曲、竹内まりあのQuiet Lifeからも聴きました。前者ではリリカルなピアノとボーカルが心地良く響き、甘さと凛々しさが良く表現されます。ダイアナクラールが演奏を引っ張っていく姿が目に浮かびます。後者も日本を代表する伸びやかで若々しい歌声が堪能できました。スピーカーではテレフンケンの方がやや明確な傾向、SABAは繊細で中域の音色が良く音楽の空気感が表現されます。音楽をしっとりと楽しむのに良いスピーカーと言えると思います。

お客様のご要望でヤーランドのTJ84-Pでも聴きました。やや前者より帯域は狭くなる傾向ですがプッシュプルアンプの特徴である中域が締まった音色で、このサイズのスピーカーを鳴らすにはジャストサイズでこの音が好きだとのコメントも複数頂きました。

さらにお客様がご持参のフィリップス製(Made in ベルギー)の30cmフルレンジスピーカーでも聴きました。写真の白木の箱に黒いバッフルのものです。30cmでは余裕ある鳴りっぷりでこちらもフラットで聴きやすい良いスピーカーで自作されたという箱もプロレベルの仕上がりで皆さん感心されていました。それでは30cmフルレンジ対決と当社常設のアルテック30cmをダイヤトーンの箱に入れたものと比較試聴しました。アルテックは華やかな傾向でバスレフで低域も出てきますが置き方の違いでも変わりますので両者引き分けとしておきます(笑)。

続いてメイン試聴室に移り、予告どおり新規導入しましたメインアンプ用の大型電源装置を介したシステムで聴いて頂きました。写真の左下の装置です。これを介して常設の左上のASC-845Jに電源供給しウーファー(ALTEC515)を駆動、さらに右下のオリジナル小型電源を介して右上の6550オリジナルアンプでホーンドライバ(JBL375)を駆動しています。その効果は、筆者も最初はびっくりで地面が数メーター下がり試聴室が数倍の広さになったような印象、また高域もツイータ―の必要を感じない艶と伸びが加わり、ダイナミックレンジ(音の強弱)が深く音楽の陰影や奥深さ、ホールの大きさが感じられるようになりました。

ソースにはヨーヨーマのチェロ、デビッドサンボーンのサックス(ベースはマーカスミラー)、ウィーンフィルの美しき青きドナウ(合唱版)、TAKAKO YAMADAの水戸コルテスでのピアノライブ、チックコリアのピアノソロ、そして定番のクリスボッティのトランペットのライブを聴きました。いずれも以前より音の陰影、奥行き、広がり、艶が格段に良くなり、唸るようなベース、心に響くトランペットの響き、楽器の定位、分離も向上しました。電源でここまで変わるのかと驚きの感想を頂きました。電源がオーディオシステムの根本を支えている訳ですが、その効果覿面。これまでもCDP、DAC、プリアンプ側にもART-POWERを導入し効果を感じて頂いていましたが、パワーアンプでは音の出方が向上。パワーアンプのハイパワー化等よりも電源強化が一番近道かも知れないと感じていただけていたら嬉しいです。特殊医療装置用のユニットを使用しているため入手困難ですが、目途がたちましたら商品化するべく努力中です。

なお次回の試聴会は5/11(土)13:00~15:30を予定しています。またのお越しを楽しみにお待ちしております。

4月の試聴会の予定(追加説明)

次回4月の試聴会は4/13(土)13:00~15:30の予定ですが、内容の補足をいたします。

センター試聴コーナーでは新入荷のYARLAND TJ845/211-S2i(Limited)という845/211コンパチのアンプを211で聴いて頂く予定です(写真ご参照)。本アンプは昨年、秋葉原で開催された真空管オーディオフェアでも大変好評であったモデルと同様ですが、当店用にチューニングされたLimitedで独特の深みのある音色と力強さが両立した傑作モデルです。

また前回予告どおりテレフンケン、RFTといった旧東独製のユニットのスピーカーも聴いていただきます。

メイン試聴室では新たにメインアンプ側(ホーン、ウーファー)に導入した2台のオリジナル電源装置を介して聴いていただきます。特にウーファー側には医療機器用の特殊電源を採用しており従来より音の深みとダイナミクスが増しています。当日は本装置の有無での音の違いも聴き比べていただきます。ご期待ください♪♪

3月の試聴会の様子と次回予定

3月9日に試聴会を開催しました。まずセンターの試聴コーナーでは近日発売予定の東独テレフンケン/インペリアルのフルレンジスピーカー(写真両端)を中心に東独RFTの2Wayスピーカー(中央上)などを聴いて頂きました。いずれも50~60年代のユニットで軽量コーン紙と強力磁石で実に伸びやかで反応が良く上品な音色を聴かせてくれます。12~15cmクラスですから重低音は望めませんが、通常の音量であれば十分に音楽を楽しめます。特に真空管アンプとの相性は大変良いです。それもそのはず、当時のアンプはEL84などの真空管アンプだったのですから。反対にトランジスタの大出力アンプで大音響で鳴らす様には設計されておらず、無理に大音量を出すと破損する恐れがありますのでほどほどに。試聴会ではアンプはASC-845Jで聴いていただきました。小型ユニットですからもっと小出力のアンプでも十分というか、むしろマッチしているとお客様からコメントいただきましたので次回以降はそうしたいと思います。ソースにはリッチ―バイラークのピアノバラード、ヨーヨーマのチェロ、お客様ご持参の海野しゅんすけのジャズドラムス、竹原ピストルのパンクフォーク?(筆者独善のジャンル名)、The Ritzの混成ジャズボーカル、石川さゆり、美空ひばりのカバーアルバムと続きました。特にボーカルは特筆もので、情感やハーモニーが良く伝わります。夜にしっとり聴くにも最適とのご感想でした。ピアノやジャズは迫力こそありませんが、微妙な音色、音楽の中心である中音域はしっかり出てリラックスして聴けます。なおフルレンジでは素直で自然な傾向、2Wayはワイドレンジで明瞭な傾向です。これらのスピーカーシステムは近日、ART-SPEAK(アートスピーク)シリーズとして順次発売予定ですのでご期待ください。

後半はメインシステムで試聴しました。前回はJBLホーンに変更直後で従来のアルテックホーンを上に重ねていましたが、後者を撤去しすっきりさせました。やはりドライバーの大きなマグネットを重ねていては磁気干渉もあったのか、撤去後は音の定位や抜けも向上した様です。(何かの参考になれば幸いです)。また写真の様にホーンを銀色に着色してみました。パワーアンプはウーファー用が左側のASC-845J、ホーン用が右側オリジナルの6550シングルアンプです。(床のアルテック30cmシステムは鳴らしていません)

ソースには前述のものに加え、室内楽ではドボルザークのアメリカ、コルトレーンのサックス、最近リファレンスにしているクリスボッティのトランペットのIn Boston、デビッドサンボーンのサックスのInside等を聴きました。センターで試聴した音楽も良いのですが、こちらではやはり大型ならではの奥行き、ホールトーン、定位、音の強弱などの再生力の違いでまた違った音楽になります。お客様から次元が違うとの感想が多いですが、奥行き、高さ方向が加わりますから確かに次元が2次元から3次元、さらには音の余韻は時間ですから、音の次元が違うというのは適切な表現かもしれません。In Bostonではボッティの絶妙なトーンがホールに広がる様子や観客の人数が感じられ、サンボーンのサックスでは陰影が強く表現され魔術的な凄味さえ感じられるなどアーチストの気迫、情念も感じられました。

最後に後日談を2件。その後、お客様がご持参のJBL075を追加して試聴しました。当然、高域が伸びて上が広がりシンバルやボーカル、オーケストラも明るく華やかになります。ただしレベル調整が微妙で、出過ぎると余韻や奥行き感が減少するので精緻な調整が必要なようです。この辺はユーザー諸氏が苦労されている点なのでしょう。また左右2台に分けて使用していたチャンデバの1台が故障したため、一時的に1台(本来ステレオ仕様)に接続しましたが、やはり2台での独特な奥行き感、左右の定位、ゆらぎ感などが減少し、2台使いのメリットを再確認しました。

次回は4月13日(土)13:00~15:30の予定です。お好きなCDご持参の上、ご参加ください。

2月の試聴会の様子と次回予定

昨2/16に2月の試聴会を開催いたしました(先週予定でしたが積雪予報で1週間延期)。今週のメインイベントはメイン試聴室のホーン用に新たに投入しました新作の当店オリジナルアンプ2台の聴き比べ。最初に写真手前の6Y6出力管アンプ、次に奥の水色(店名にちなんだオーシャンブルー?)の6550シングルアンプを聴いていただきました。従来はウーファー、ホーンとも左側のASC-845J×2台で左右振分けていましたが、ホーンをJBL375にしてから音圧バランスをとるためホーン用アンプを今回に2機種にしてバランスを取っています。ソースにはお客様ご持参のライオネルハンプトンの名盤スターダスト(レコードから当時のモニター機に使用されていたウェストレイク10Aカートリッジで再生してCD化したという凝ったヴァージョン)、ボゴレリチのショパンのピアノ、フランクザッパのビッグバンド(アシッド?)ジャズ等を聴きました。結果ですがお客様のご感想ではどちらのアンプでも「大変良かった、音が太くて締まっています」「ボゴレリチのピアノもスケールが大きな音でした」など概して好評でした。「6Y6アンプでもかなり良いのですが6550アンプの方が音に力があり音像も少し大きく、ボリュームを上げても音像が崩れないのも良かった」とのことでした。ライブでの音場感もリアルで観客の人数、様子が判るほどです。客観的にも従来よりレベルアップしていると思います。ただ少数意見ながら、従来のウーファーのD130改の時の方がコーン紙の軽さとアルテックホーンの応答とホーンらしさの特色がでて良い味を出していたのが今の515Bは音圧があがり迫力は増したが応答性がどうかは短時間の試聴では何ともいえない」というコメントも頂きました。「巷のハイエンドシステムと方向性が一緒になると当店のユニークさが希薄になる」との貴重なコメントもありました。音の厚みはほぼ達成しましたので真空管アンプの暖かで応答性の良い点を活かしてさらに軽くて応答の良い低音(これが一番難しい)を目指して調整をしていきたいと思います。

一方、センター試聴コーナーでは当初予定のYARLAND TJ-88/34-Pの試聴は延期し、代わりにASC-845Jで聴いていただきました。(従来は奥のメインシステムのみで試聴いただいていましたが、上述のシステム変更でセンターに移動)。やはり845は電圧1000V近いとあって音に余裕と切れの良さ、新鮮さが加わります。ソースにはドナルドフェイガンの小気味良いAOR、ヨーヨーマのチェロ、チャーリーヘイデンカルテットw/女性ボーカル、ケイコ・リー等を聴きました。バランスが良いスピーカーはやはりアルテック銀箱で、特に音量を上げた場合に真価がでるようです。ヨーヨーマのチェロも甘味に豊に広がり映画館でうっとりしてしまう気分にさせられます。最近注力しています旧ドイツのテレフンケンユニットの2way, 東ドイツRFTの2wayでも聴いていただきました。50年台製造のユニットはアルニコでコーン紙が軽く応答性の良い高速な音で耳あたりが良く、国産や米国産とは違う音楽の味があります。お客様も自然な音なので話の邪魔にならないと好評でした。テレフンケンの方が箱も一回り大きく低域も良くでますがRFTも中高域は良くのびて実に楽しい音でなってくれます。ご家庭で一般的な音量で聴かれるのにはお手頃です。

次回は3月9日の予定です。テレフンケンのフルレンジスピーカー等を予定しています。ご期待ください!

2019年1月の試聴会の様子と次回予定

本年最初の試聴会を1月12日に開催いたしました。今回は盛りだくさんで構想練っているうちにアップが遅くなりました(言い訳)。さて今回はメインシステムの方を重点的に聴いていただきました。常設システムのパワーアンプは通常ASC-845Jの左右バイアンプ駆動の2Wayですが、今回はまず当店オリジナルのWE417真空管を使用したパワーアンプをホーン(アルテック806A+311B)に使用して聴いて頂きました(ウーファーには845のまま)。出力1W程度の小出力アンプですが、高能率のホーンを鳴らすには十分な音量です。そしてその音ですが想定外(おっと、これは禁句)、予想外のバランスの良さ。前回報告の様にウーファーは前回から強力なアルテック515Bにしていますが、ホーンが負けることはありません。お客様からも自然なバランスで大変聴き易いと好評でした。バイアンプの場合はウーファーとホーンを同じアンプの方が当然特性は揃っていて一般には調整しやすいのですが、ウーファーとホーンでもちろん特性は違いますから今回は845+417で自然に聴こえうまくバランスしています。これだからオーディオはカタログスペックだけでは語れません。ソースにはお客様ご持参の女性ボーカルやジャズ、クラシックを使いました。(以下に続く)

 

しばしお客様と自然で説得力ある音楽を楽しんでいましたが、途中で大人の事情で(笑)ドライバーとホーンを上述のアルテックからJBL375+JBL2397ディフラクションホーンに大胆に入れ替え。このドライバーは806の直径で2倍、容積で8倍ほどの大型で約10kgありお客様にも手伝ってもらい乗せ換えました。そしてその結果は、さらに中高音の艶と伸びが増しました。ウーファー515Bとのバランスもさらに纏まり、今まではやはりホーンが力負けしていたのだという感想になりました。このドライバーとホーンをお使いのお客様からも515Bウーファーとこんなにバランス良く鳴るとは驚きとのご感想でした。ちなみにウーファーの方ですがJBL4560に入れていますが、背面の蓋を開けた上で特殊な布(コーヒー袋)を被せて調整していますが、SP自作もされるお客様からは、背面からの回り込みでボヤけているので蓋は閉めた方が良いのではというアドバイスがあり、後日閉めています。この辺は機器と部屋の調整次第なのでさらに詰めていきます。アドバイスで成長するショップを目指します(笑)。

最後にセンター試聴コーナーでは軽く当店オリジナルのテレフンケン2Wayスピーカー、東ドイツRFT社の2Wayスピーカーも聴いていただきました。1950年代のユニットですが大変丁寧な作りと味わいある音でタンノイイートンやJBL,アルテックと聴き比べても違う趣きがあり、これまた楽しめます。バッフルには濃紺、濃緑色を使いヨーロッパの雰囲気があります。近日販売開始予定ですのでご期待ください。

後日談と次回予定。実はその後、ホーンのアンプを米国製6Y6GやRCA整流管を使用したオリジナル品に変えてみましたら、さらに余裕が生まれ、奥行き感や定位が向上しました。またホーンは従来のアルテック311と今回のJBL2397をなんと上下タンデムに配置し、比較できるようにセットしました(親ホーンの上に子ホーンを乗せて~)。これは邪道でしょうがショップですから良いのです。ホーンとウーファーの位相合わせ、角度、ダンピングなどで音がコロコロ変わりますので鋭意調整中!次回聴いて頂いて皆様の評価はいかがでしょうか?

一方、センター試聴コーナーでは新入荷のYarlandのTJ88-34P(KT88PP)の試聴を予定しています。本機は昨年末の真空管オーディオフェアでも沢山の方に試聴いただき、その木目の美しさと溌剌として艶やかな音色は好評でした。当店でも上述のテレフンケンやRFTスピーカーとも良いマッチングですので合わせて聴いてみてください。

 

次回は2月9日13~15:30の予定です。

Abbey Road

Abbey Roadと聞いただけでぞくっとする方は少なくないはず。ロンドンのストリート名でありますが、言わずとしれたビートルズの最終録音アルバムのタイトルでもあり録音スタジオの場所です。ただし今回は六本木にあるライブハウスのこと。ここではビートルズのコピーバンドの演奏、歌唱がきけます。先日3年ぶり位に友人に誘われて行ってきました。筆者も当時はビートルズにのめり込み、アルバムで言うとマジカルミステリィツアー、ホワイトアルバム、イエローサブマリン、ヘイジュード、レットイットビー、そしてアビーロードはリアルタイムで買って聴いて感動してました(えっへん、リアルタイムですぞ)。

以前から音楽は好きでしたが彼らの音楽は新鮮というよりショックでしたね。ジョンとジョージは天国ですがポールは他のメンバーの分まで現役で頑張ってます(リンゴは何してるかな)。

本題の六本木アビーロードでは新生パロッツ(写真)のライブ。演目は初期のI saw her standing there, She loves you. I feel fineなど、中期はHello Good-by, Lady Madonnaなど、後期はBirthday, Hey Bulldog, Something, Let it Beなど。どれも演奏は上手で音響も良くほぼ完ぺきなコピー。さながらビートルズが蘇った様!と言いたい所ですが、やはり声質まではね。マニアはレコードの隅々まで何百回と聞いて頭の奥に刻まれていますからどうしても細部を比較してしまうのです。さらに商売がら、音響だとか音楽の構成だとか理屈で聴くもんだから、一緒の友人からは「ノリが足りない!」と叱れました(ボーと聴いていた訳ではありません)。

 

そしてオーディオとしてはいかがか?ビートルズのレコードは当時の録音技術を駆使し、斬新な試みを次々にしていきましたが多重録音、フィードバック、効果音がメインで音質そのものより再生した際にはっきりしゃきり勢い良く彼らの特徴を活かす方向ですので、余韻とか音色自体は凝ってはいません。なので再生装置の質は中位で十分というか、高級オーディオではかえって多重録音が耳につくかもしれません。某有名オーディオ雑誌でもビートルズとオーディオなる連載記事が始まったと思い期待したら1回で終わったこともありました。なのでオーディオマニアは少ない様に感じます。ただしここで宣伝ですが(笑)、真空管アンプでレコードを聴くのが理想で、当時の感動が再現されると申し上げておきたいと思います。なにせギターアンプ、録音機材、モニター機材の全てが真空管式でしたから♪!アビーロードスタジオのモニタースピーカーであったアルテック銀箱で聴けばさらに気分は盛り上がります。

それでは皆様、良いお年を!

12月の試聴会の様子と次回予定

昨12/8に定例試聴会を開催いたしました。クリスマスセール中でもあり、センター試聴室のアンプ横に花かご、エントランス脇にOPENのイルミネーションでちょっとしゃれてみました。センターで前回もご紹介したミンダのトランス結合のASC-300BTCで前の中央の12AX-7をGE製に差替えたもので聴いていただきました。写真中央がそのアンプです。前回は後日談でブログに掲載しましたが、実際に試聴会では最初でしたので、その効果で澄んで明瞭になった音色を楽しんでいただきました。ソースにはジャシンタのオータムリーブスとスティングのライブを少々。前者は音作りが巧妙で女性ボーカルの魅力を良い音で聴かせるCDです。聴き込むと凝った録音やミキシングが駆使されたやや人工的な脚色が感じられますが、どのシステムやスピーカーで再生してもそれなりに美しい良い音に聴こえるので、試聴会向きとも言えるでしょう。初段の真空管1本でこれだけ音が変わりますから、比較的高額の出力管より、ミニチュア管を差し替えて楽しむのも、真空管での音の変わり方を楽しむのに効果があります。

さて今回は予告していましたメインシステムのウーファーをJBL D130改からアルテック515Bに変更した効果はいかに。お客様もそちらが主目的とのことで早々に奥のメイン試聴室に移りました。こちらでも前述のスティングのイタリアライブからKing of Pain, Fragileを聴き、その後にお客様持参のゲイリーカーのコントラバスとパイプオルガンのヂュオで重低音大会のCDを聴きました。これにはさすがアルテック38cmで最強力の515Bでも地を這うような重点音は望めません。しかしお客様からはよく再生されていると驚かれました。スペック的には出ていなくても倍音成分が忠実であれば聴感上は不満のないということでしょう。実際に地響き並にするにはサブウーファーが必要ですが、マイク録音では20Hz以下は最初から無理なので人工的にならざるを得ません。映画の効果音なら別ですが。

続いてオルガンではバッハのトッカータとフーガ、クリスボッティのアベマリア、バッハのバイオリン協奏曲、カラヤンでマーラーのアダージョ、ボーカルではアニタオディ等を聴きました。515Bでは低音が強力でクリアで中高域も明解でホーンとの相性も良く一体感がありスピーカーの存在が感じられず、音像の広がり、奥行き、深みも増して全体に品格が出てきました。ジャンルを選ばず楽しめる範囲が拡大しました。ホーンドライバはA7初期の806Aで515BはA5用ですから強いていえばA6相当?でも箱はJBL4560ですからA6Jとでも言うべき構成です。クロスは750Hz位。実は注意深い読者ならお気づきと思いますがASC-845Jの845は2種類で、標準のミンダオリジナルJINVINA管と高価なPSVANE-TⅡを使い分けています。従来はウーファーに元気の良い前者、ホーンにマイルドで高品位な後者としていましたが、実験の結果、今回は逆の方が良い結果でした。多分515Bの性能が上がり真空管の差がより全面に出てきた結果と考えられます。すると欲がでてきてお客様から後面開放の方が良くなるのでは?というコメントが。確かにアルテックの同じ構成のA5、A7も後面開放ですから。ここで延長30分のATも終了しお開きに。お客様からも過去最高とお褒めの言葉を頂きました。本年も毎回ご試聴にいただきました皆様、本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。

次回予定と後日談。次回は1月12日(土)13:00~15:30です。

昨夕、早速ウーファー後面の板を外し後面開放としてみました。たしかに音も開放的になりましたが肝心の低音の押し出しが弱まり、定位もぼやける結果に。ではと思い開口部にを手持ちのコーヒー豆の袋をでカバーしたら、これが大正解。開放的な音で低域の音圧も出て両立!お客様に教えてもらいましたがドイツの名門クラングフィルムのオイロダインのウーファーも背面に毛布の様なカバーが付いているそうです。次回試聴会までにさらに調整しておきます。

真空管アンプに良く似合うアラジンのブルーフレームも運用開始。

暖かい試聴室で、暖かいコーヒーを飲みながら、暖かい真空管の音楽を是非どうぞ。

11月の試聴会の様子と次回予定

11月10日に定例試聴会を開催しました。今回は予告のとおりミンダの新しい300Bのトランス結合アンプASC-300BTCをまずセンター試聴コーナーで聴いて頂きました。本機の特徴は何といっても名球300Bをトランス結合の回路構成としている点です。その効用は真空管アンプらしい音色です。ソースにはお客様がご持参のモーツアルト弦楽四重奏曲、千住真理子のバイオリン、ジャズではバルネウィランのサックス、マツオアキラトリオ等を聴いていただきました。音色は真空管アンプらしさ全開!帯域はやや狭いですが中音域の厚さ、暖かさと繊細さが、肉声や弦楽器、ピアノなどの音をリアル、かつ豊に聴かせます。スピーカーには常設のアルテック銀箱、JBL4408A、東独RFTの2Way、タンノイイートンを切替えて試聴。真空管アンプらしさが活きて相性が良いのはモニター調のJBLやアルテックよりタンノイやRFTの相性が良いと参加者のご意見が一致しました。モニター系のスピーカーはハッキリ明瞭に聴こえますがしっくりきません。間違いなく音楽的には後者と相性が良いです。ジャズ系の迫力を求める方には本機は最適とは言えないかもしれません。小出力の真空管アンプにはJBLなどの米国系のバリバリのスピーカーより欧州系の方が一般には合うようです。特にRFTが良い相性とのお客様のコメントを頂きました。

本機の300Bは標準はPSVANEを奢っていて十分良いのですが、予告していたのでお客様が持参された高価な元祖ウェスタンエレクトリックの300Bに交換して再生してみました。最初の5秒で皆さんビックリの変化。全体が端正に響き、姿勢を正して聴かねばという音になります。さらに後刻、300Bは付属品に戻し、前段の12AX7を付属品からGE製に交換してみました。これも澄み切った清廉な音に変化しましたことを申し添えます。本機は真空管ならではの音色や性能をフルに味わうのに良く、真空管を交換しての変化も楽しめる一台と言えるでしょう。

まだ一台しかありませんが、販売しますのでご興味ある方はお問合せください。

メイン試聴室に移り、何枚かは同じソースで比較試聴しました。音色的にはセンター試聴コーナーでも十分楽しめますが、こちらですと奥行き感やホールトーンが加わるのでまた一興です。同じソースではその違いが良くご理解いただけます。ただ大きい音というのではなく、奥行き感、横への広がりを加えた立体空間の再現がオーディオの醍醐味の重要な要素でしょう。今回、システム上の唯一の変更点はデジタルケ―ブルを従来品のART-CABLE TypeDから新作のTypeD2(写真付、近日発売)に変更しました。従来の銅単線を銅単線4芯化し、音の広がりと改造力、楽器の定位が向上しています。以前来ていただいたお客様からも広がりが違うとコメント頂きました。全体にスケール感が増しオーケストラ等の幅広い音源には顕著な効果があります。ただしジャズの様な凝縮した音を好まれる方には微妙かもしれません。とにかくデジタルケーブルだけでこれほど違いが出るという事はオーディオの楽しみ(苦楽?)の一面でしょう(他人事ではありませんが)。メインシステムは極力音楽ジャンルを選ばない様に素直で自然な再生を標ぼうしているので、プリンスのギター、リッチ―バイラークのピアノ、スティングのライブ、キースジャレットのケルンコンサート、ビルエバンスのソロピアノ、ブラジル音楽など多様な音楽を時間一杯まで皆様に楽しんで戴きました。

注)デジタルケーブルはCDP(ASC-1420CD)とDAC(DAC-X9)間に使用しています。

次回は本年最後で12月8日(土)13:00~15:30です。

予定はメイン試聴室のウーファーを変更して聴いて頂く予定です。従来はPA用のJBL4560の箱にアルテック38cmのD130改造品(軽量コーン、写真左)でホーンとのマッチングも良く自然でスピード感ある再生音でしたが、やや低域の迫力が不足と感じていました。これをアルテックの38cmで歴代最強力と言われる515B(写真右)に交換します。JBLの箱にアルテックのウーファー、ルーツは同じですがどうなるでしょうか?

既に調整を始めていますが、さすが素性は良いようで、ASC-845Jとのマッチングも整ってきました。また皆様と聴き比べを楽しみにしております。

10月の定例試聴会の様子と次回ご案内

10/13(土)午後に10月の定例試聴会を開催しました。(定例試聴会は毎月第二土曜日です。その他の日も承っておりますが不定休のため事前連絡ください)

今回も女性のお客様も参加いただき、和やかにアットホームな雰囲気で行いました。まずセンターの試聴室では当ショップオリジナルの新作プリアンプART-PRE(シルバニア6J5, GE37搭載)とメインアンプはウェスタンエレクトリックの417A出力管、6J5整流管、電源、出力トランスを使用したパワーアンプで聴いて頂きました。出力は約1ワットですが、電源、出力トランスがしっかりしており、能率の良いSPであればご家庭で十分な音量、かつきめ細かく端正な音を聴かせます。スピーカーは常設のアルティック銀箱、タンノイイートンに加え、珍しいテレフンケンと東独RFTユニットの各2Wayのスピーカーで聴いていただきました。ソースは最初にデビッドサンボーンのアルバム「Inside」から数曲。フュージョンジャズ的な作品ですが独特の先鋭で明瞭なサックスの音色を伴奏が盛り上げます。モダンジャズではスタンダードのデイブブルーベックのテイクファイフ他を聴きました。聴き慣れたメロディと演奏ですが、これも真空管アンプと真空管時代のスピーカーユニット、そしてそれらでモニターしてアナログ録音したソースですから、少々大袈裟に言えばタイムマシンで当時の雰囲気に戻ったような気分になります。スピーカーも銀箱は定番でアビーロードスタジオのモニターでもあったわけですから別格ですが、タンノイはバランスに優れ、テレフンケンは中高音が瑞々しく、RFTも想像以上に切れの良い音。スピーカーにより出口の再生音の違いは顕著ですが、小出力の真空管アンプでも音やせせず、豊かで実存感のある音楽である点はアンプの特性として共通であることをご確認いただけました。ソースにはその他、お客様ご持参の室内楽(写真撮り忘れました)や原大力&His Friendsのピアノトリオなどを聴きました。真空管アンプのご試聴が初めてのお客様からはトランジスタの音とは根本的に違いますねと言われました。トランジスタは真空管の代用品として生まれ、工業製品としての特性、生産性に優れていますが、オーディオでは真空管の優れた能力があり、複雑な回路設計をせずとも、素の音楽の陰影や奥深さなどを再生することを感じて頂けたことと思います。

奥のメイン試聴室では常設のASC-845Jマルチアンプ、ASC-1420CDASC-DAC9ART-Power, ART-PRE、スピーカーはALTECホーンとJBLウーファーですが、今回は写真にもありますが背面の両側面に吸音・反射材を追加して調整しました。吸音材はトラス状の木製枠に布を張り、反射材には平板を組合せていますが、これらの面積比や設置角度のより特に高域の伸びや艶がコロコロ変わります。リピーターの方からは前回から何をどう変えたのか?とご質問があったほど顕著な差がありました。ルームチューニングの理論書や市販品もありますが、まずは皆様も手持ちの材料でも試されることをお奨めします。

ソースにはまずクリスボッテイのライブ「in Boston」の一曲目のアリアを聴いていただきました。本作はボストンの教会で録音されたライフで最初にボッティが登場する際の場内の歓声がまるで会場にいるように聴こえます。思わずコンサートのチケット買って入ってっけ?と一瞬不安になったという方もいらっしゃりました(笑)。アリアの演奏のトランペットの響きや息遣いにも音楽家の演奏とそれに聴き入る観客の感動が感じらました。その他、室内楽ではチャイコフスキーの弦楽室内楽、ゴンサロのジャズピアノ、もののけ姫の主題歌などを聴きましたが、お客様からは、センター試聴室で良い音と感じても、メイン試聴室では音楽の奥行きがまるで違うとご好評でした。またテーブル上に置いたヤーランドTJ6P1-Pをパソコン音源で珍しいデンマークDEARYの小型スピーカーで聴きました。小音量でも雰囲気があり書斎など最適です。最後にまたメインシステムでクリスボッティのTime to say good bye をしみじみ聴いていただき時間となりました。

真空管アンプでは音楽の雰囲気、特に奥行き間や深みが巧みに再生されます。トランジスタでは特性向上のため回路上NFB(負帰還)を掛けますが、特性が揃い音楽が綺麗になる反面、平面的になる傾向があります。真空管で秋の夜長に奥深い音楽をお楽しみください。

 

次回11/10(土)13-15:30ですが、ミンダの新製品ASC-300BTCの試聴を予定しています。PASVANEの300Bを搭載しトランス結合の特徴である奥深く柔らかい音がします。お好きなCDをお持ちになって聴きにきてください。また楽しいひと時を楽しみにしております。

 

第24回真空管オーディオフェアの様子

第24回真空管オーディオフェアが10/7(日)、10/8(祝)の2日間、秋葉原の損保会館にて開催されました。天候にもほぼ恵まれ連日大勢の方々に来ていただきありがとうございました。今年も全館と別館で多様な展示、試聴会が開催され楽しんで頂けたと思います。当ショップも販売店としてヤーランドアンプのブース(5階・データゲート)にて対応させていただきましたが、会場が狭いこともあり立ち見(聴き)のお客様もいらして盛況でした。今回は試聴機は代表的な3機種(①TJ845/211-S2i、②TJ88/34-P3i, ③TJ6P1-P)と電源ボックスのデモ機でしたが、①では華麗な845と深みのある211、②では闊達で艶のある音色、そして③は小型ながらバランスの良い聴きやすい音をご確認いただけたと思います。このような機会にお客様のご感想やご質問などの生の声を伺ったり、ご相談を受けたりするのは貴重な機会で楽しくもあり、あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。特にじっと聴かれていた方にお話を伺ってみますと、楽器演奏のご経験者であったり、コンサートに頻繁に通われる方などが多い様で生音に敏感な方にも評価いただけたて嬉しくなりました。なお当ショップでもTJ6P1-Pなど数機種がご試聴いただける他、全機種のお取扱いをしておりますので、さらにお聴きになりたい方やカタログでご興味のある方はご連絡をお待ちしております。

その他のブースにもお邪魔しましたが、特に別館での超大型の241Bアンプ、平面スピーカー、ウェスタンエレクトリックの超大型ホーンスピーカー、青い色に光るキセノン真空管アンプが珍しく興味深いものでした。WE241出力管はワインボトルほどの大きさがあり音は聞けませんでしたが雄大で甘い音がしそうです。FALの平面スピーカーは通常は耳で聞いている音楽が、体全体に平面波の音圧を同時に受け、体で音楽を感じるような不思議な体験でした。中央のライブの映像もその雰囲気を盛り上げていました。家庭で聴くのに適しているかは不明ですが(小型ユニットもあるようです)ホームシアターには良いかも知れません。WEのホーンも決して家庭用とは言えない大きさで(しかも今回は1個のみのモノラル)、短時間の試聴でしたが全体に自然で悠然とした響きでその実力の片鱗を感じ、さすがと思いました。

また来年秋に開催されますので、ご興味のある方は是非お越しください。

9月の試聴会の様子と次回予定

9月8日(土)に恒例の試聴会を開催いたしました。今回は女性の方も来ていただき、華やかさも加わり楽しんでいただけと思います。

まずセンター試聴スペースでは、当ショップオリジナルの新作プリアンプART-PRE(写真参照、シルバニア6J5, GE37搭載)とメインアンプはYarland TJ300/2A3-S2(300B付)の組合せ、CDプレイヤーは常設のマランツCDR630。そして今回はスピーカーにビンテージと言える独テレフンケンの2Way(50年台の製品)と英タンノイの同軸2Way(60年代の製品)の独英対決(笑)を中心に聴いていただきました。

ソースにはイタリアの新進気鋭トランぺッター、クリスボッティのアルバム「When I fall in love」から数曲聴きました。伸びやかで感傷的なトランペットで、数曲はボーカル(スティング等)も参加していて楽しめるアルバムです。まず真空管で有名なテレフンケン社、ユニットはオリジナルのアルニコ26×18cmフルレンジ+10cmツィータで箱はリメーク。真空管アンプとの相性は抜群で、明るく伸びて艶やかな中高音が響き、重厚さもある音楽性ある音で皆さんも感心されていました。やや重心が高いので低音重視のジャズの迫力には不足ですが、ボーカルやビバルティの四季の弦が美しくドビッシーの海も華麗に響き、楽しい音。小~中音量で秋の夜長にしっとり聴くには最適です。次にスピーカーを同等サイズ(25cm同軸)のタンノイのイートンに切替て聴きました。タンノイでは小型の60年代の製品ですが、さすが英国の名門、落ち着いていながら明瞭な大人の音になります。タンノイは総じて暗いという世評もありますが、低域の音階も明確になりジャズの迫力も中型としては大変良く再生され完成度が高いです。どちらもアルニコ磁石の時代の製品で真空管アンプに好適です。

比較のため常設スピーカーの米国勢アルテック銀箱、JBL4408Aでも聴き欧米対決をしました。さすがメリハリの利いたモニター調に変わります。特に音量を上げた場合は米国勢が有利でしょうか。ここは趣向の分かれる所ですが、音楽をゆったりと気負わずに楽しむには真空管アンプ+ヨーロッパ製スピーカーはお奨めです。試聴された方々もオールドSPでここまで鳴るのかと好評でした。今後も真空管アンプと相性が良いヨーロッパのスピーカーを選んで、ラインアップにしていく予定です

 

後半は奥のメイン試聴室に移り常設のASC-845Jマルチアンプのシステムを中心に聴いていただきました。

まず、耳が覚えている間に(笑)、同じクリスボッティを数曲聴きました。センター試聴スペースでは音色や響きが良いと好評頂いたお客様も、奥では同じソースでも全体のホールトーンや余韻が加わり、楽器の分離もよく聴こえるので不思議に思われる方が多いです。例えば二曲目の「No Ordinary love 」(尋常でない恋(我訳))はオリジナルはシャーディーの憂いあるハスキーボイスですが、ここではクリスボッティの感傷的なトランペットに乗せてごくわずかですが女性ボーカルがユニゾンで聴こえます。これはセンターでの試聴では気付かないレベルです。背景にあるオーケストラやコーラスが明瞭に聴こえ情報量が多く音楽が違って聴こえます。その他のソースでは、お客様ご持参のブルースギターでセミアコのエレキギターの冴えたトーン、キースジャレットのライブではピアノの力強く華麗な響きが聴けます。またチャイコフスキーの5番、もののけ姫のテーマなど、ホーンシステムですが突っ張った所がなく、漂うような柔らかな音が皆様に好評でした。またお客様ご持参のPC音源を使ってショパンのピアノソナタなど聴き慣れたソースでも比較試聴頂きましたが、響きが違うと驚かれ、「アンプやケーブルよりも部屋の環境が一番効いているのでは?」と不思議がられていらっしゃいました。確かに部屋の音響ではスピーカーのウィング増設、背面の硬質スクリーン、側面の吸音材などで調整して今日に至ります。ただしオリジナルのART-PRE、ART-Cable、ART-Powerの効果も大です(この点強調)。この辺の絶え間ない進化の努力(笑)はリピーターの方から「来るたびに良くなっている」と言う証言付です(笑)。さらに奥の試聴室でYarlandでもっとも小型のTJ-6P1(DAC内臓)をテーブルの上に置き、PCからUSBで接続し、ハセヒロのバックロードホーンSPで聴きました。これまた想定外(禁句でしたっけ?)の豊な響きで皆さんビックリ。それではと最後にお客様ご持参の7cmのスピーカーが鞄の中から登場、これがまた中域の充実した良い音でまたビックリ。その後、ニアフィールドリスニングの配置にするなど、いろいろ実験しているうちに収拾が付かなくなり、店主のガバナンスが危ういのでお開きの時間となりました。

参加された皆様もご満足と共に、この音はどこから来て、どこへ行くのか不思議な感覚を持たれ家路につかれたようででした。

 

新作オリジナルパワーアンプ
新作オリジナルパワーアンプ

次回の予定ですが、なるべく詳しくしてというご要望が寄せらたので少々くわしく。当ショップオリジナルの新作プリアンプART-PREとメインアンプは

センター試聴スペース用に製作したウェスタンエレクトリックの417A出力管、6J5整流管、電源、出力トランスを使用したパワーアンプを聴いて頂く予定です。出力は約1ワットですが、これが能率の良いSPならきめ細かく端正な音を聴かせます。

当店としては初のオリジナルパワーアンプで、まだ発売は予定していませんが、是非聴いていただきたいと思います。

またスピーカーは珍しい東独製RTF社の2Wayで聴いていただく予定です。1970年頃の製品ですが、このユニットはマグネットが通常よりワンサイズ大型で超強力+軽量コーンでダンピングの効いた低音など、ジャズの迫力にも対応します。

また小型ヤーランドTJ-6P1にはデンマーク製の小型SPでの組合せも予定しています。

さて、それぞれ真空管アンプとの相性はどうでしょうか?

ご期待ください!

 

8月の試聴会の様子と次回予定

8.11に8月の試聴会を開催しました。今回も酷暑の中、お越し頂いた方々、ありがとうございました。

今回はセンター試聴コーナーでは新たに加えたスピーカーのタンノイ イートンをメインに、プリアンプART-PREⅥ、メインアンプYarland TJ-300/2A3-S2(300B)、CDPマランツCDR630Mk2、それにアナログプレイヤーはガラード86SBMk2の組合せで聴いていただきました。

ソースにはまず小沢征爾氏のCDベストアルバムからチャイコフスキー弦楽協奏曲、続いてレコードでカラヤンのバッハ管弦楽組曲2番の一部を聴いていただきました。弦楽の繊細で美しいハーモニー、管弦楽では弦と管の音色と響きの微妙な重なりなどが表現され、タンノイ独特の同軸2ウェイの定位が素晴らしく、オーケストラの配置や全体の響きが心地良く聴けます。またヴィバルディの四季でも弦の引き始めの音や弓の動きが判るほどです。またナタリーコールのジャズボーカルも新鮮な歌声が聴けました。ジャズではお客様持参の山本つよしトリオのMISTY、ジャコパストリアスのWord of Mouth、ウェザーリポートのデビューアルバムから聴きました。さすがにジャズではパルシブな音源やバスドラの迫力などでは表現不足な点があり、ソースを選ぶ傾向が判りました。これまでタンノイでは小型のマーキュリーM1(同軸ではない2ウェイ)でも聴いて頂いていましたが、同軸2ウェイ、10インチのイートンは比較的小出力の真空管アンプとの相性が抜群で、通常の部屋の大きさには最適と思われます。参加者の方にも音にご納得頂けてご好評でしたので、今後もセンター試聴コーナーで常時比較試聴できるようにいたします。センターでは最後にお客様が持参されたスピーカー(STEREOという本の特別付録の箱のキットにフォステックスのユニット使用)を聴きました。やはり小型ユニットで同軸のメリットで定位とリニアリティ、応答が良く、小音量でも音痩せしない真空管アンプで聴くには適していました。

後半には奥の試聴室に移り、常設のシステム(電源装置:

ART-Power、CDP:ASC-1420CD、DAC:ASC-DAC9、プリアンプ:ART-PREⅦ、チャンネルデバイダ―:Belinger(改造品)、メインアンプ:ASC-845J×2のマルチ、SP:アルテックのホーン(中高域))JBL4560にJBL38cmユニット(低域)、ケーブル類は全てART-Cableシリーズで聴いて頂きました。

ソースはセンターとの比較のため同じものをメインに試聴しましたが、こちらはフルスペック構成のため、センター試聴室よりも奥行き感、音の広がり、楽器の大きさ、ホール全体の響きなどの再生能力が高く、クラシックからジャズ、ロックまでジャンルやソースによらずに自然で心地よい音楽が聴けます。参加者の方々からもセンターでいくら良い音と感じてもメイン試聴室では心地良さが違うと好評ですが、ここまで整備しないとこの音には成らないのかという逆宣伝になってしまうのではという危惧もあります(笑)。と言っても真空管アンプの特性を活かすようにご自身のライフスタイルと感性にあう音も詰めていのが早道です。

 

次回は9月8日(土)13::00~15:30の予定です。お客様から事前に次回内容を案内して欲しいというご要望がありました。そこで次回はセンター試聴室ではSPに今回の英国製タンノイイートンに加え、ドイツ製テレフンケンの同等クラスのスピーカーでの比較試聴を300B, 2A3アンプで、メイン試聴室ではART-PREの最高峰(名称未定、写真添付)で聴いていただきます。ソースにはイタリアを代表するトランペッター、クリスボッティなどを予定しています。是非楽しみに聴きにきてください。

7月の試聴会の様子と次回予定

7.14(土)の恒例の定期試聴会を開催しました。今年は猛暑の毎日ですが遠路ご参加いただきありがとうございました。今回はセンター試聴コーナーではASC-1215KT(KT120)でまず聴いていただきました。ソースはお客様ご持参のハリーベラフォンテのボーカル、ゲイリーバーツ&ソニーフォーチュンのアルトサックス二重奏、ブルースのオムニバスを聴きました。本アンプはシングルアンプながら中域が厚くジャズやボーカルの熱気を良く再現する定評のある機種です。中でもハリーベラフォンテの「ダニーボーイ」では暖かくノーブルな歌声は現代では稀な哀愁を帯びた熱唱で熱くなります。

スピーカーは主にビクターSX-3を使用しました。

次に奥のメイン試聴室に移動していただきました。今回は常設の

ASC-1420CDASC-DAC9ASC-845Jマルチに加えプリアンプにはオリジナルのPRT-PREⅦで聴いていただきました。また今回はウーファーのスピーカーケーブルにはやはりオリジナルのART Cable TypeS6(従来は同TypeS4)に変更し低域の音圧を向上させています。ソースにはまずセンターとの比較のためハリーベラフォンテの「ダニーボーイ」を聴きましたが、最初のフレーズから「別の音楽に聴こえる」「大人の音楽になる」といったコメントをいただきました。センター試聴コーナーはアンプ機種の比較試聴用で、奥のメイン視聴室は常設のため、システム構成が違うため当然ですが、お客様はその音楽としての聴こえ方の違いに驚かれることが多いです。

今回はまたお客様がアナログレコードも持参されましたので、まずは常設のシステムで聴きました。(DENON DP3000、電源にはオリジナルのART-POWERを使用)

ソースには金子由香里のシャンソンや津軽三味線などを聴きました。常設はオルトフォンのMMカートリッジですが、お客様ご持参のデンオンカートリッジやラインインピーダンスマッチングトランスを追加しての比較試聴も行いました。それぞれの違いは明確に聞き取れ、参加された方々からも違いが良く判るというご感想で音楽のニュアンスの違いを楽しんで頂けました。音の違いを言葉で表現するのは難しいのですが、一部の機器変更がすぐに音の違いに出るのはそれだけ再生能力があると解釈しています。特にピュアオーディオシステムの構築では基礎となる電源も重要なファクターであることは間違いありません。なにせオーディシステムは電気駆動ですから。

話が長くなりましたが、金子由香里のシャンソンから、再度CDの再生に戻り、シャンソン繋がりで本場フランスのバルバラの「黒い鷲」なども聴いていただき気分はパリの街角です。さらにボーカルではボビーコールドウェルのロマンチックな歌声、スティングの抒情、クラシックではバッハの艶やかなバイオリンコンチェルト、チャイコフスキーの潤いと厚みのある弦楽アンサンブル、ジャズではゴンサロの染み入るピアノ、クリーム時代のクラプトンの白熱のアドリブなど時間の許す限り聴いていただけました。参加された皆様からも楽しかった」という嬉しいコメントを最後に頂きました。猛暑が続いていますが次回は8/11(土)13時からですので皆様のお出でを楽しみにしております。

6月の試聴会と次回予定

6月9日(ロックの日?)に6月の定例試聴会を開催しました。まずはセンター試聴コーナーでロック、ジャズの熱気もしっかり再現するMingDA ASC-1215KT(KT120)で聴いていただきました。ソースはロックの名盤の一つのグレッグオールマンのレイドバックを聴きました。アメリカ南部ブルースを基調にリラックスした演奏とボーカルが冴え、独特の雰囲気が味わえます。スピーカーはJBLがギターの音色も活きて気持ちよく鳴りました。

今回はお客様のお一人がご自作のカートリッジ(オルトフォンMC改造品)、MC昇圧トランス、アナログレコードを持参されましたので、他のお客様の了解も得て早々に奥のメイン試聴室に移り、当店常設のアナログプレイヤー(DENON DL1300+オルトフォンΩ)に換装して比較試聴しました。ソースはお客様ご持参のアートペッパー(+イレブン)、ブラームスの5番の他、当店のアールクルー、チックコリア、レッドゼッペリン、エイジアを聴きました。当店常設システムはデジタル音源が中心のため、アナログでのチューニンフはあまり追い込んでいませんが、真空管プリアンプの効果もあり、やはり中身の詰まった生々しい音が聴けました。デジタルでは美味しいハンバーグ(切り刻んで固めた肉)であったものがレアのステーキが出てきたような感覚とでも申しましょうか。帯域が狭かったりごつい所はあってもさらに美味しいです。当時のアナログ録音との相性もあるのでしょうか。真空管アンプの効果はもちろんのこと、アナログ再生にはやはり趣があります。

フォノイコライザーは真空管式が欠品のためオルトフォンのもの(MM/MC)を使用しました。常設のMMカートリッジ(オルトフォンΩ)では出力もあり良い音なのですが、お客様ご持参のオルトフォンのMCカートリッジでは音に元気がありません。そこでまたお客様ご持参のMC昇圧トランス(カスタム製作品)を加えますと俄然元気が良く艶やかな音になり、MCはこうでなくてはという感想になりました。その他、フォノイコライザーの電源やアースの取り方によっても音やノイズが微妙に変化します。アナログで良い音をだすのは良い耳と知識と情熱がデジタルに増して必要ですね。

最後にはまたデジタル再生に戻りまして、いつもよりロックに敬意を払いましてローリングストーンズ、スティングなどを聴きました。今回を機にアナログ再生も妙味を再確認できましたので、さらに試聴会も充実させていきます。

次回は7月14日(土)13時からです。また皆様と楽しいひと時を過せることを楽しみにしております。

5月の試聴会と次回予定

昨5/12に5月の定例試聴会を開催しました。(いつも「ブログには何時でるの?」と急かされますが、今回はなんと翌朝です!)

冗談はさておき店頭の小さなバラやハーブも咲いてお客様をお迎え。

センター試聴コーナーは各種アンプをスピーカーを切替えてご試聴いただけますが、お客様のリクエストでミンダのASC-3023BA(2A3付)とASC-1215KT(KT120andKT150)でジャズを聴いていただきました。ソースには以下の写真にもありますキャノンボールアダレイ、アートブレイキーとジャズメッセンジャーズなど。

3023BA(2A3)は美しく端正な音色が特徴ですが自然かつ充実した音色で、演奏開始すぐに「まるでレコードで聴いているようですね」などのお声が聴かれました。サックスの音色に艶があり、ドラム、シンバルの音も心地良いです。次にアンプをパワフルな1215KTに替えて同じソースで聴きましたが、KT120では特に中域が厚くジャズの熱気、醍醐味が味わえジャズのお好きな方にはグッとくる音色です。KT150に差替えますとさらに低域が広がり音場も広がりジャズよりフルオーストラなど雄大な表現に最適な音色になることを感じていただけました。本機は1台で2度美味しいアンプと言えます(何度でも味わっていただけますが)。スピーカーは最初はアルテック銀箱でしたがJBLにしますとJBLオーナーの方からは「やはりジャズの熱気が出ますね」と好評でした。

メイン試聴室ですが常設のASC-845Jマルチアンプ構成ですがプリアンプにART-PREⅦ(セブン)を使用して聴いて頂きました。ソースにはお客様ご持参の寺村容子ピアノトリオを中心に女性ボーカルではサラボーン、男性ボーカルのスティング、室内楽曲ではバッハのブランデンブルグ第6番、フュージョンジャズではウェザーリポートを聴いて頂きました。特にピアノ特有の微妙な響板の不協和音や原寸大の音場を再現するのは、かなり難度が高いのですが、今回のソースは寺島氏のレコードだけあってごりごりしたベースやバシッとしたドラムスの録音がジャズの美味しい所を押さえている上、レトロ感のある潤いと憂いのある音楽で、お客様と一緒に聞き惚れてしまいました。特にダニーボーイとバーボン通りの月は感動的でした。

次回は6月9日を予定していますので皆様のお越しを楽しみにしております。

4月の試聴会の様子と次回案内

4月14日に定期試聴会を開催しました。トピックスは新しい真空管プリアンプのART-PREΘ(仮称)と電源装置ART-POWER CUSTOMで、両者をメインシステムに設置して聴いていただきました。今回はメイン試聴室のみで約3時間の大試聴会と相成りました。

ART-PREΘ(近日詳細ご紹介予定)は、真空管は6J5メタル管、37、6X5(RCA),レイセオンの電源トランス、WEのチョークトランス、プレートチョーク、出力トランスを搭載したこれまでのART-PREからさらにグレードアップした製品です。またART-POWERは製作例3でご紹介した内容の製品で117V1系統をプリに、100V2系統をCDPとDAC接続して聴いていただきました。

全体としては従来とはさらに違った落ち着きと静けさが増し、音楽が極めて自然に聴けるようになっています。以前にいらしたお客様からも「音の出方が全く変わった」「毎回、音が良くなっているのに驚きます」と言った感想を頂きました。ソースはお客様のリクエストのジャズギター、ジャズピアノを皮切りに、女性ボーカルはスラヴァ、エラフィッツ=ジェラルド、ホーリー=コール、マーカス=ミラーのジャズエレキベース、クラシックではバッハのブランデンブルグ6番、チャイコフスキーの悲壮等を聴きました。一つのシステムで全てのジャンルを鳴らしきるのは一般には難しいと言われていますが、電源装置と最高峰の真空管アンプの効果は絶大で、自然な響き、奇をてらわず純粋でストレートな音がそれを可能としています。お客様のご感想も、高音が綺麗だとか低域の響きがどうであるとかと言った、所謂オーディオ談義はほとんどなく、皆様真剣かつ純粋に音楽を楽しまれ、試聴会というより音楽会という雰囲気で、3時間があっと言う間に過ぎてしまいました。

音楽性豊なソースをオーティオシステムで芸術の域で聴けることの喜びを共感できる試聴会となりました。

次回は5月12日(土)13~の予定です。また皆様のご参加を楽しみにしています。

ART-Cable Series 充実

ART-Cableはすべて銅単線構造(TypeDを除く)にこだわり、ストレートで虚飾の無い素の音を目指しました。一聴するとそっけなく特徴がないように感じるかもしれませんが、本来の信号や電源の素性をストレートに伝達しており、聴き込むほどに、また、機器の再生能力が向上するほどにその真価が発揮されます。「音の良いケーブル」とは音楽信号や波形を極力忠実に伝達することに帰着し、ケーブルでの凝った音作りや補正は化粧や虚飾となり、オーディオシステム全体でバランスの良い音には纏めにくいのです。素直で聴きやすく虚飾のない自然な音、すなわちハイグレードな音の構築には単線の活用が近道です。真空管アンプのシステムとの相性は抜群ですが、もちろんトランジスタアンプにも効果的です。

今般ラインケーブルに電源ケーブル、スピーカーケーブルを加えて機器の入口から出口までをシリーズ化しました。

・ラインケーブル:Type1(2芯仕様)、Type2(4芯仕様)、デジタルケーブルTypeD →リンク1 

・電源ケーブル:TypeP6(6芯仕様)、TypeP10(10芯仕様)→リンク2

・スピーカーケーブル:TypeS2(2芯仕様)、TypeS4(4芯仕様) →リンク3

当然のことながらオーディオ機器は電気で動作し、ケーブルの再生音への影響は想像以上に大きいのです。

銅単線のシンプルで素直な特性が、高度な音楽再生に有利であることを実感していただけると思います。

今後もさらにラインアップを充実させてまいります。

 

3月の試聴会の様子と次回予定

3月10日に定期試聴会を開催しました。今回はセンター試聴コーナーでは常設のアルテック銀箱、ART-PRE0+ヤーランドTJ-84Pでナタリーコールのボーカルでアンフォゲッタブルゲッタブル、ジャズではお客様ご持参のエディヒギンスのピアノトリオ、ちあきなおみなどを聴いていただきました。同アンプはEL84のプッシュプルで比較的小型ですが中域の美しい音色が特徴でナタリーコールの伸びのある歌声や美しいエコーなどが心地よく再生されました。エディヒギンストリオでも軽妙なピアノを軽快なリズムセクションでご機嫌な音楽を楽しめました。プリのART-PRE0(ゼロ)は非売品ですが音のリアリティに寄与しています。センターで30分程度聴いていただいた後、メイン試聴室に移りました。今回はオリジナルプリメインアンプのART-PREⅢ、ART-PREⅣ、そして新しいART-PREⅦを比較試聴していただきました。

以下の写真にあるいろいろなジャンルの音楽を試聴しましたが、特にドボルザークの新世界の第一楽章での比較を中心に行いました。冒頭の弦の静かで厳かなフェードイン、ホルンの響き、それに続くティンパニーを含めた力強いフルオーケストラのうねりなど聴きどころ満載です。まずART-PREⅢは明るめの音調でパンチもありこれまでの試聴会でもどのジャンルでも好評で本楽曲でもメリハリの利いた音楽が楽しめます。次に特にクラシックに強いART-PREⅣを出力管6K7Gで聴きました。ウェストレイクのトランスなどで繊細で奥深い音色と響きが特徴で、さすがに新世界が開かれるような劇的な印象の音楽になります。そして新しいART-PREⅦですがこれはさらに解像度というか抜けの良さというかまた違った繊細さと力強さで説得力ある音楽に聴こえます。参加された方々も再度ART-PREⅣに戻して聞きたいとのことで、今回は新世界の大会となりました(笑)。プリの音楽性に与える影響の大きさを感じていただけていれば嬉しいです。

次回は4/14(土)13時からの予定です。また新しい電源装置やプリアンプも予定していますので、皆様のお出でを楽しみにしております。

ART-POWER CUSTOM受注開始

電源ボックスART-POWER CUSTOMの受注を開始しました。

家庭用のオーディオ装置は商用電源を使用していますが、高度なオーディオ再生には商用電源からの電源では限界が生じます。当然のことながら商用電源はオーディオ用に特化されたものではなく、あらゆる電化製品に使用されるものですから種々のノイズが乗っています。オーディオ装置は精緻な音楽再生機能の全てを電気で駆動することを考えれば再生音に影響することは当然といえば当然です。

当面はカスタム品としてお客様のご希望の仕様で製作いたします。

写真は当社ART-PRE用に製作した例ですが、電源でこれだけ音が変わるのかと愕然とするほどです。

詳しくは商品一覧をご覧ください。

リンク